ギリシャ人は古来、自由を何より尊重して・・・・

いい文章に出会ったので紹介する。「黒いアテナ」(藤原書店)のすすめ(小田実)に彼が書いたものだ。

「黒いアテナ」は、もともとアテナはエジプトに植民地化されていて、エジプトとフェニキア(ユダヤ人多い)の影響をストレートに受けていた。北からアーリア人が南下してつくられたわけではなくて、古代ギリシャを自分たちのルーツであるとする神話をアーリア系ヨーロッパは1785年から1985年まで200年間にわたって捏造してきたとする論文が書かれた。書いたのはマーチン・バナールという言語学・考古学・歴史学者の本。この本をめぐって大論争が起きたことは言うまでもない。白いアテナにしようとしたら黒いアテナが自分たちのルーツであったのだから。しかもユダヤ人(フェニキア人の多数)も自分たちの文化の先祖であるのだから、当時からあったヨーロッパのユダヤ人差別思想が成り立たなくなる。

前置きが長くなったが、小田実の文章は、彼のギリシャ滞在で強い思いに変わった。

「私にはギリシャ人自身が、自分をヨーロッパ人、ヨーロッパ世界の一員として考えることに違和感をもっているように見えた。この違和感は、庶民-チマタのギリシャ人であればあるほど強くなる。・・・・」アテナのタクシー運転手が口にした次のような言葉「わたしたちのギリシャは民主主義という現代の政治原理のもとも、現代の科学技術のもとも、みんなつくった。しかし、そのつくった光り輝くもののもとをすべて【ヨーロッパ、西洋】に差し上げてしまって、自分たちは空っぽ、真っ暗、何んにもない、おくれた、貧しい国になった」

小田実が、タクシー運転手にそう言われたとギリシャ人の知人に言うと、それはギリシャ人が多かれ少なかれ心の奥底で思っていることだと感じた。

「ギリシャ人は古来、自由を何よりも重視して、絶対に人と同じことを言わない、同じことをしないで生きてきた。何ごともまとまって一つにならない、まとまらないことを自由な国ギリシャの国の誇りとする偉大な国民で、政治勢力も新聞も世論も千差万別、にぎやかにちがいを競い合う国だ」

何でも星条旗と国歌でまとまろうとするアメリカ人に読ませたい一説ではある。それよりてんでんばらばらのブラウン運動が民主主義に近いと思うがどうだろうか、

  1. 千差万別。そうですよね。その差の大小は有れ、本来同じ考えの人なんて初めっからいない筈ですね。政治の派閥などは無理やり大きく分けて考えを同調させたに過ぎませんし、党そのものも中身はバラバラですから何とかまとめようとしているに過ぎませんね。軍隊などは命令形態でがんじがらめにして絶対服従ですし、学校の教育だって「ハイ!先生の言う通り」ですからね。変わった考えは受け入れられないのが社会の構図ですね。一般常識と言う枠から外れれば生きにくく、嫌が応でも従わざるを得ない構図になっていますね。昔から自由な考えを生かせる社会であれば今よりずっと素晴らしい世界が誕生していたのかも知れませんね。

    • 自由で過ごすのは、意外に大変で、努力が必要ですね。ああすれこうすれと言われてするのが責任もなく楽かもしれません。モデルは軍隊にあって。個性ができるだけでないよう訓練を施すんです。自分では個性的だと思うが高所から見ると画一的、さすがの意見と思ったら、ある番組で著名人が語った話を口真似していたり、自分で考えその発言に自分で責任を取るのはむつかしい社会になってます。それだけ複雑な時代になってるとも。メディアに最小限の接触をしていきたいものです。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。