農民が餓死する国は最低の国である。闇市世代の故野坂昭如さん(1930年~2015年)「農を捨てたこの国に明日はない」(2017年3月1日刊 家の光教会)1975年、東芝を立て直した土光敏夫さんと「財界は農業をこう見る」という対談文もある。「日本という国を綜合的に考えた場合、農村のない日本社会は考えられないということが一つ。同時に食糧問題として、しからば日本民族の食糧とは何だ、ということ。大きく分ければこの二つになると思うんです」(土光敏夫)

野坂さんは大企業というか都市資本の親分である土光さんに農業について質問した返事が、上の返答であった。先日、発表の日本の食糧自給率がまた下がって40%を切った。昨年は北海道が3つの連続台風に直撃されて、ジャガイモや野菜類の高騰を招いた。ことしは首都圏が日射不足で野菜の成長が良くない。九州も大雨で畑の被害も甚大。古米や古古米でも貯蔵できるなら最低限、グルメに狂わず、食べれればいいわけで不足ならいつでも食に供せられるようしていると思うが、戦時体験が飢えである野坂昭如さんであるから、またこの国がひとりひとりの国民に異様に冷たかった歴史(棄民で満州に送ったり、南米に棄民させたり、特攻を発明したり、補給船が撃沈されたとはいえ、戦場へ食べ物を運べず半分以上の兵士を餓死させた国である)を考えると、冗談ではなくて、食糧を100%自給させる方向へ転換していかないとまずい。

鉄は食えない。金があっても食べ物は買えないときがある。そういう習慣や歴史は都市のど真ん中に住んでいると忘れやすい。貨幣や制度はフィクションであるが、食糧や水は具体であるから、水は水道をひねれば出てくる、食べ物はスーパーやコンビニにお金を持っていけば買えると思っている。しかし、こういうことも一瞬で失うこともあり得る。大災害や道路切断で流通ストップ。水道や下水のインフラも脆弱だし(すでに使用寿命が来ている管が多い)、雨水も放射能にすでに福島原発で汚染されているかもしれない。

アメリカの農業や酪農も遺伝子組み換え作物の飼料を食べて、抗生物質と成長ホルモンを打たれたニワトリ・ブタ・牛が工場生産性で作られ、市場へ世界へ輸出されている。日々、スーパーの食品やバーガー類に何が混入されているかわかったものではない。コストコに並べらている食品も成長ホルモンを打たれ、牛・ブタ・鳥が病気にならぬようゲージに入れられて安く市場に出されているかもしれない。アメリカが大規模農業の国だというが、中小の酪農家や畑作農家は,工場化して穀物メジャーと連携するために大きな借金をしてよきアメリカの伝統であった農村文化が崩壊している。穀物メジャーの奴隷に近い。1代で終わる種を使っているから、次の年の種を残そうとしても残せない仕組みになっている。世界の食糧はカーギル(非上場)をトップに穀物メジャーの独占状態である。

最後に、野坂昭如『絶筆』新潮社311p(2014年1月元旦)の日記より

『ぼくに提案がある。総理大臣に選ばれたら、まず飢えの経験を義務付けては如何か。ひと月の間、一日一食、白米禁止。雑穀寄せ集めの飯、汁は具なし。国民の役に立つ働きが見られれば、コッペパン一つを与える。こうでもしなければ、役に立つ総理大臣は生まれない。』総理へ飢えの義務化である。

2015年12月9日に急逝する野坂さんだが、前日の日記に『言っておきたい。いざとなったら、金じゃない。食いもののある国が生き残るのだ、よその国など誰が助けてくれるか。農の営みを、自分の眼で確かめてほしい。だが、日本の飢餓は、もう眼の前にある』(377p)

  1. 畑はスーパーの店頭だと錯覚している現代っ子たちも多いのでは無いでしょうか。誰が稼いだのかも、どんな働きの報酬なのかも知らない子供たちも、お金を沢山貰ってゲームをしたりスマホいじりに興じたり、近くのコンビニに行けばお気に入りのジュースやお菓子が自由に手に入り、水道水には目もくれず缶ジュースやボトルを買いあさり、ご飯があるのにカップ麺やレトルト食品を好んで食べて、箸があるのに毎回毎回割り箸を使い捨て。兎に角、消費社会に育った親たちも全くムダに気づかない現代の暮らしが蔓延しています。新型コロナ蔓延防止法も然ることながら、どうせ憲法改正を叫ぶなら改革をもくろむなら革新ぐらいは「ムダ蔓延防止法」でも訴えたらどうなんでしょうね。

    • これだけ世界でも美味しい水道水が飲めるのに、ミネラルウォーター買いますから。消費させらています。自然大好きな親子3人が道内旅行をして、外でフライパンで肉料理を始めたとき、箸を忘れたことにきづいて「父さん、箸をつくって」と言うと、ナイフ1本で3本つくって使ってました。坊主の孫さんも共感する話だと思います。昨日、郊外の森から切り株を拾って庭に置きました。座ると落ち着きます。キノコ採りで道路に自家用車が止まってましたね。いずれお金で買えないものがたくさんあるということに気付くときがきっとあります。

  2. 全国の農村地帯に「田付き畑付き農村分譲住宅」などは如何でしょう。コロナ禍で先行き不安なこの時期に格好の物件になるに間違いありませんね。ハウスメーカーはお洒落な設計の住まいや、超高層マンションばかり追求していますが、正に格差社会の上のみに目を向けたビジネスで、困窮世帯は見て見ぬふり、いや?最初から相手にしていませんね。ビジネスにならない相手だからです。「田付き畑付き農村分譲住宅」もタダでは手に入りませんから、それなりの資金が必要ですが、地価の安さと農家向け仕様ともなれば簡素で利便な構造となるでしょうから、豪華さやムダも無くせるでしょう。また出来た作物も自給自足もあるでしょうし、また販売する方法もあるでしょうから、食と職を賄うばかりか、お金を産む事さえ可能になりますね。農家も昔は近所の出面さんを使っていましたが、今では人手不足をネットで応募して来る若者を沢山雇っています。コロナ禍で飲食関係などで職を失った人たちが困っているからです。これを見ても今では農業は見直され始めました。ハウスメーカーも早く目覚めて、社会に貢献して欲しいものです。

    • いいアイディアですね。近所に自給自足を旨とする団地があります。井戸水で畑づくり、マキを積んでいます。冬はマキストーブ。理想的な小さな団地です。宮崎組という恵庭の建築会社がやっています。発想は広告マンさんに似ています。全国のJAが始めれば壮大なプロジェクトになりそうですね。JAでいましているのは、アパート経営くらいですから。貧富の差を世界中でコロナが焙りだしています。どの業種も社会貢献しているとは思いますが、まずはみずから雇用している社員やバイトの人たちのリストラをしないよう願いたいものです。しかし、どこも経営は厳しくなりそうです。インフレ進行しますから。そして賃金低下ですから。

  3. 大震災経験者。

    ラマダンでもありませんが、カレンダーに災害を考える「防災の日」と併わせて「断食の日」を作っては如何でしょう。当然祝日扱いで休日にして、その日は食品関連は全て閉店。交通機関もマイカーも全てお休み。動いているのは緊急車両のみ。家庭に貯蔵されている食料が豊富な場合には効果もありませんから、大病の方は別にしても、学校など大型避難所などで全員同じ状況のほうがいいかも知れませんね。強制は出来ない社会のようですから、結局は希望者のみになるかも知れませんが。

    • 災害避難訓練は、町内では地図を配っているだけです。断食の日・・。小食でも生きられる体になればと日々、慣らしていますが。しかし、不安ですね。食料の自給率が低すぎる。小麦やトウモロコシ、大豆、肉など海外からくる作物を収穫する・運ぶ人が新型コロナにり患すれば、流通が止まりますからね。実際、セブンイレブンの鶏肉の揚げ物がタイでストップ、東京と関東3県以外食べれませんからね。素材そのものの値上げから全食品が大幅アップしたら、貧しい人は暮らせません。テレビや新聞に携わる人は富裕層ですから、この点に鈍感です。大都市でとんでもないことが起きそうな予感がします。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。