この本のタイトルを見て読みたくなって、図書館へ検索をしたら貸し出し中。予約を入れた。「チベットのモーツアルト」を書いた中沢新一さんと「暇と退屈の倫理学」を書いた國分功一郎さんの対談「哲学の自然」の76pに引用されていて読みたくなった。

きょうのブログは筆者だったらどう生き延びるか予想をしてみた。読んでから書くこれまでのパターンを崩してみた。1年間、お金を使わない暮らしの開始だ。

燃料を拾うところの話は出ていたので、ここはまず共通としておこう。住居は家賃のかからない家としよう。親からもらったか、自分の大工仕事でどこかに建てて家賃無料。冬は寒いから暖房は必要だ。その燃料の薪(たきぎ)を拾うために毎日、野原や森林に入る。

ついでに食べれる野草を勉強しないといけない。毒の草を食べて倒れて救急車で運ばれるわけにはいかない。電気がないから夜は早い。手回しでラジオが使え、灯りが付くランプもあるが、果たしてこの使用はありかなしか?太陽電池のパネルを張る手もあるが、お金を使うことになるのでペケだ。

水はどうする?川や公園の水道水からもらい、捨てられたペットボトルに小石と砂を入れて濾過させてきれいな水を作り、炊事用に使う。ナイフとフォークはあるとしよう。毎日の食事は野草だけではダメで肉はどうする?ウサギやネズミはどう捕獲すればいいのか?自家製のネズミ捕りを作らないといけない。ウサギの捕獲は法律で禁止されてる可能性がある。

トイレはどうする?近くの公園かお店のトイレを貸していただく。3食をすべて無料で生きていくのが辛い。せめてインスタントラーメンは欲しいところだ。我慢しよう。乳製品が欲しいがこれも我慢だ。辛い。果てしないお金ゼロの暮らしだ。

友人に電話する携帯も通信料がかかるからダメ。時々遊びに来る友人が食べ物を持ってくるかも知れず、近所の篤志家からのお呼ばれもあるかもしれないが、他人の善意に期待するのは、生き方の趣旨に反するから、婉曲に断ることにする。近所のゴミ箱に捨てられた食べ物を探しに行くのはどうだろう?これが許されるなら、食料品店から出る賞味期限切れをいただくことも可能だが・・・・・。判断が難しいところだ。「鉄腕ダッシュ」とはわけが違う。あれは無料の廃棄する材料を探しに行くが、ロケ代や車を利用してガソリンを使い走るので、番組を作るのにとんでもないお金がかかっていることに注意しよう。

そんな業界話はどうでもよくて、ともかくお金を使わず1年間生き延びるテーマを自分に課した。書きながら思い出したが、食べるものとして昆虫があった。カルシウムがありそうだ。トンボは食べれるのか?蝶は食べて美味しいのか?花粉が食べるのにじゃまにならないか?口の周りに花粉がつくのは嫌だな。ミミズはどういう調理をすればいいのか?味付けとしての塩はどうして作る?まさか自分の汗を溜めて塩を精製するなんて書いてないだろうね。

*でもこの生き方は、周りにコミュニティがあってできることかもしれない

  1. まず、熱さはさて置き、この極寒の環境に耐えられるかですね。熊のように冬眠できれば良いのですが、人間は冬でもウロウロと歩き回る習性があるので、暖を取ることができなければ生きる事さえ不可能に。焚火がいいのか?毛皮に頼るのか。それにしても獣を捕獲する知恵が必要ですね。子供の頃ウサギ狩りは何度かしました。簡単な罠を仕掛ける方法と他人の家の犬を手名付けて山に連れて行く方法です。ウサギは鶏に似た味でした。一番うまかったのは山鳥でした。川魚はよく捕獲して居ました。子供の頃はお金を使わず生きていましたよ。今ではジュースも水も買う時代ですから、災害にでも会えばひとたまりもありませんね。

    • 私も雪国という視点を忘れてブログを書いてました。動物を狩ったりしたこともなくノンキなテーマで申し訳ございません。北国の部屋は灯油をどんどん焚いて暖かいですね。川崎の兄に聞くと、寒いとまずガスストーブで強力暖房して、終わるとエアコン暖房に切り替えると言ってました。ガス代と電気代で、北国の灯油代金と同じくらいかかるのでしょうか?お金を使わない試みの生き方で、株や投資で儲ける人たちを除いてほぼ貧しくなる地球人ですあから、お金を大して使わなくても生きられる知恵はいくらでも欲しいですね。貧乏暇なしなら運動や体を使い、免疫力もついて一番大事な健康は保全されると思いますよ。消費を煽る時代ですからお互い気をつけましょう。

  2. お金を使わないのなら田舎暮らしですね。都会は何につけてもお金ですからね。周囲に合わせて暮らして居ればいつしか贅沢になってしまいます。ある程度の自給自足の暮らし方は田舎じゃあないとできませんね。

    • わたしを買ってくださいと、お店に置いてある商品たちですから都会に住むとお金はかかりますね。自給自足ではないですが、ネギとレタス、青シソくらいしか作れませんんが、知人の農家から安くジャガイモを買えるので助かります。春はアスパラの中で不揃いをもらいます。農家の人の善意に助けられています。どんどん消費が止まっていく時代に向かってると思います。目新しい商品、魅力的な商品が少なくなって。AIを使ったサービスに向かっていて、生きるための基礎的なものに再度向かっていくと思いますよ。そういう意味で都会は申し訳ないが脆弱そのものです。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です