先日、30代の派遣社員と話をしていたら「ある日突然クビを言い渡された同僚がいた」とのこと。社歴なのか学歴なのか不明だが、生誕の場所は戸籍謄本でわかるから、ここはごまかすわけにはいかない。「履歴を詐称して派遣会社に登録をして、それが派遣先である会社にバレた」のだと。

人間だれしも見栄はあるのはわかるが、昔は雇い主の総務課長あたりが転職の場合、必ず前職の企業を訪問して、どういう人であったか聞きにいったものである。個人情報保護法でいまは履歴書の中に家族歴(父親の職業など)を書く欄もなくなった。あくまで採用される個人の最低情報だけだ。だから社歴や学歴の詐称は採用側にとっては重い問題になる。いっそう社歴や学歴欄を消してしまうほうが「嘘の発生はなくなる」かもしれないが、そうすると「今の私だけを見て」ということで、すべての過去歴が消えてしまう。ここは判断の分かれるところで、過去のない人というのはどういう人なのだろうか。

なぜ、筆者はこのことを書くかというと、私の育った地区に刑務所があって、青い囚人服を着て畑仕事をしていた。刑務所の周りが中学のマラソンコースにあたり、畑から私たちにガンバレと手を振ってくれた。いい笑顔をしていた。わずかなシャバとの交流時間であった。軽い犯罪の人たちが畑での労働をする。しかし、刑期を終えて、保護司のもと仕事を探して働くのだが、何かの事情で転職して彼らも履歴書を書くとき「○○刑務所で何年服役」と書かざるおえない。罪名も含めて。「世間は冷たい」と刑務所に戻ってくる人が多いのである。筆者の自宅には刑務所で作られた碁盤や将棋盤がある。父親が刑務所へ家具を買いにいっていたことを思い出した。「彼らのつくるものは丈夫で安い」と誇らしげに言っていた。

話題がそれていったが、履歴ってどこか残酷なところがある。すでにそこに自分の努力圏外の偏見や世間の思い込みや厚いラベリングが貼ってある場合が多い。私事で恐縮だが、私の妹が結婚を約束した男の家は兵庫在住の宮家の家系に属していて、そこからの要求が「3代前までの家系図を出せ」ということであった。両親とも仰天して「破談にならないか」希望していた。結果は菓子折りを持って、相手のお母さんが「今回の話はなかったことにしましょう」と頭を下げにきたわけである。家系図も自分のあずかり知らぬ履歴のようなもので、NHKが得意な有名人の先祖を追いかけるお涙番組もその亜流といえる。

札幌にそれどころか、親から捨てられたり、育児放棄された子供たちの施設がある。知人がボランティアでクリスマスが近づくとプレゼントを山のように抱えて施設を訪れて、サンタ代わりをしている。ひとりひとりにメリークリスマスと言ってプレゼントを親に代わって渡すのである。

やむおえず履歴を詐称せずとも、省略してもいいくらいの寛容な社会になってほしいものである。言いたくない時代とか出来事って誰もが持っているのであるから

  1. 私などは学歴自慢より職歴の多さは自慢?出来るかもしれません。アルバイト、就職、独立、また就職と繰り返し、まともな職歴ばかりでは無いにせよ転職回数は誰にも?負けないくらいです。履歴書には全て明記していました。ただ不思議な事にどこも面接意外に入社試験らしきものは殆ど有りませんでした。仕事の事例を持参したからでしょうね。そんな訳で普通は書かないであろう職歴さえも書いた履歴書でも通用したようです。調べたとしても事実ですからね。

    • 私はバイトが多くて、そこまでの年月日がうろ覚えで適当につじつまを合わせた職歴になっています。27歳からは正しいのですがバイトの始まりが17歳の新聞配達から始まりましたよ。100部配って1ヵ月8000円でした。バイトが見つからなければ昔とった杵柄で道新でも配ろうかと思ってますが。100部配って38000円です。新聞未読者多いから距離は遠いでしょうがね。履歴詐称でバイト採用を切られた人もいました。以前、同じところで短期バイトしていたのに、それを未記入であったと発覚、首になりました。職歴で最初に勤めたところで60歳まで行っている人が信じられませんね。私の周りに、マスコミ周辺の職業選択者は私だけでしたからね。市役所や道庁職員からは警戒されました。機密漏洩が厳しくなった頃でした。最近、ぼちぼち学歴を書かない著者もいますね。ほとんどの人の履歴は「私は頭と体をずっと使ってきました、あちこちで」ですね。これには嘘はありません。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。