廃屋

筆者の住む郊外にある廃屋。

『市井の片隅に生まれ、そだち、子を生み、生活し、老いて死ぬといった生涯をくりかえした無数の人物は、千年に一度しかこの世にあらわれない人物の価値とまったく同じである。世界的な作家といわれ、社会的な地位や発言力をもつことよりも自分が接する家族と文句なしに気持ちよく生きられたら、そのほうがはるかにいいことなのではないか、そんなふうにぼくは思うのです』『個人のほうが国家や公より大きいんです』『何が強いって、最後はひとりが一番強いんです』(吉本隆明・・NHK教育テレビ・戦後史証言プロジェクトより)

見えない人々、いまだお会いしたこともない人々、生まれた人、亡くなった人、特に名も残さず有名人にもならず、物を書きもぜず、残さず、思い出の写真を何枚か家族に残して世を去っていった、そして歴史を作るぞと言ってつくるわけでなく、テレビや新聞に出ることもなく、たんたんと日常をこなして、家族が集まれば「笑いのひとつもある家庭をつくって」暮らす人々へ、吉本隆明からの応援歌と読めるのは私だけだろうか。道を歩いていて、誰からも注視されることのない自由感はたまらない。「自分が接する家族と文句なしに気持ちよく生きる」ことができたら、またそれを壊す外的な事件や権力に歯向かえる言葉と腹があれば、もっと自由な、市井の人々にとっても生き易い社会になるだろうと思う。アメリカの西部開拓を目指しながら斃れていったフロンティア・マンたちの廃屋をテーマにして書いた詩・・・。

つぶれかけた、からっぽの小屋は、

彼らがすくなくてもここでは、

敗残の人たちであることを物語っている。

しかし、その敗残のうえに、

わたしたちの成功は築かれている。

都市も、町も、すべて

農場も、蜿蜒(えんえん)とつづく道路もすべて

彼らが敢えて挑み、そして敗れたからこそ、在る。

多くの人たちの敗残で贖(あがな)われずに、

人間が手にしたものなど

いまだかつてありはしない。(アンナ・ルイス・ストロング)西園寺公一訳

戦後70年を迎えて、天皇陛下がペリリュ島へ墓参に行った。NHKで昨年「狂気の戦場ペリリユ島~忘れられた島~」を見た。奇跡的に生き残った兵士が「絶対に戦争だけは起こしてはいけない」と断言。軍国少年だった吉本隆明は、戦争中は「それゆけ、前へ進め、死など恐れるな」と旗を振った人々、マスコミ・教員・インテリなどの戦後の豹変ぶりに、激しい怒りを覚えた。それが「個のほうが国家や公より大きんですよ」という発言に向かわせた。その個が果たして、本当な個であるのかどうか?

*某月某日、コロナウィルスの患者と寄り添う医師と病院、看護師の話し合い(討論会)を聞く機会があって、彼らの発言の真剣さと医師としての使命感を聞いていたら、感動してしまった。『患者を診ていたら、何とか助けようと自然に思うんですよね、医師としての使命感が出て来るんですよ』と若い感染症の医師が語ると会議室はシーンとした。カミュ『ペスト』の中で主人公の医師リウー曰く『ペストと戦う唯一の方法は、誠実さということです。・・・僕の場合には、つまり自分の職務を全うすることだと心得ています』世界中で続いている静かな戦いだ。さらに病院併設の保育所が閉鎖して子供の面倒をみなければいけなくなった看護師たちの苦悩もある。テレビでは伝わらない現実だ。

 

  1. 今が有る事、今有る物、今を基準に物を考え、行動している我々は、ともすれば過去を振り返らず、忘れたかのように振る舞って生きていますね。身近なところでは自分自身の過去。そして両親兄弟姉妹の過去。さらにはその時代の過去。それらの全てが現在を形成している事を簡単にも忘れてしまっていますね。お彼岸を機に、そんな過去を思い出していました。身近に世界的な戦争はもう起こらないと思い込んでいましたが、突然起きた目に見えないウイルスとの戦いで、人間の弱さと愚かさをも知る事になりましたね。先人たちの苦難の道のりを忘れかけていた現代の我々への警鐘なのでしょうか。

    • 過去から学べる人は少ないですよ。人間社会のことなので、世界中の歴史から学べる資料は映像を含めて山のようにあるのですが、知的に上昇しようという意欲が低下している可能性はあるかもしれません。『今ここ』を掘り下げれば、たくさんの先人に囲まれているとわかるはずですが。たぶん『古い』とか『それは終わった』とか『いまはITの時代だよ』とか『まだそんなことを言ってるの』とか『それは過去の話、疫病ペストでしょう』とか過去を、歴史を背景に押しやる語法に溢れていますから、親が子供に教えないといけないでしょう。そう思います。自分でものを考える人になってほしいです。

  2. ゼロ戦パイロットの弟。

    残念な事に、誠実な職種の人たちの多くが、今回のCOVID-19の犠牲になって居ますね。自分自身への恐怖や不安を超越した人たちが最前線で戦っています。人の命を救うために自分を犠牲にできる人たちが大勢いることに、同じ人間として改めて感謝ですね。

    • 仕事を誠実に果たすのは基本中の基本ですが、現在は経営者や政治家が真逆で、平気でうそをつく、平気で人を切る、平気で他人の金(税金)に手を突っ込んで見栄を張る輩の集団になって、誠実さという単語が新鮮に思えました。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。