福岡伸一さんの対談本かエセイで、人類の祖先がアフリカで生きていたときに、肉体的に弱かったがゆえに樹上生活をしていた先祖たちが、地上で暮らせるように、サバンナで最強の象たちが猛獣から人間が襲われないように、生きるスペースを空けてくれたという寓話か実話の話だ。


ホモサピエンスは弱い生き物だから集団化しないと猛獣に食べられてしまう。武器といっても石斧をつけた程度の武器しかなくて、誰かが食べられている間に逃げて木の上に昇って身を守る時代である。何万年もの間、人はサバンナで象に守られて生きてきたともいえる。なぜなら象の近くにいればライオンやチーターやピューマなどに襲われないから、寄らば大樹の蔭ではなくて、寄らば象の蔭である。


アフリカの象も人間の手で象牙を密漁する人たちで絶滅に追い込まれている。かつての恩人の象になんということをしているのだろうかと思う。象牙で印鑑や細工物を作っても、それが象の墓場と言われるところから持ってくるならまだしも、生きてる象を捕獲・殺戮するシーンは見たくないし、やってほしくない。そうする人間は象に踏み殺されても仕方がないとさえ思う。


さらにミミズの話だ。晩年、進化論のダーウィンが「ミミズの研究」論文を書いた。ミミズがいないと地表というか地面というか、植物が生える栄養を補給できないことに気づいた。ミミズのカラダを見ると頭から胴とお尻が管になっていて、その間を土が動きお尻から出すが、そのとき土に微小ながら栄養素が排出され、それが積みあがって、養分豊かな地表を作り出している。ダーウィンの当該本を読んでいないので詳しくは書けないが、象の話にしろ、ミミズの話にしても生き物と自然、動物との共生、サイクルとして自然の中で生かされてある人間ということに落ち着ちつく話だと思う。


こういう話は子どもが小さなときに親が教えると効果的かもしれない。ファンタジーとしても。さらに象は喋る。象同士で会話をするという尾びれをつけてはどうだろうか?「世界中の動物園の象をアフリカのサバンナに返して欲しいものだ」「そうだ、そうだ」とかね。

  1. 水たまりの中に落ちた動物を助ける他の動物の映像を見た事が有ります。窮地に立った時には動物たちもお互い様の精神が働くのですね。人間を守ってくれたと言うアフリカ象も実は食べ物などで人間に助けられた事があるのでは無いでしょうか。鶴の恩返しでは無くて「象の恩返し」ですかね。弱肉強食のサバンナの動物同士の戦いの映像は生々しく目を背けたくなりますね。しかし一番残酷なのはライオンやチータやハイエナでは無く人間ですね。象牙目的で生きた象を襲ったり、そうでなくても私たちでさえ、牛や羊や豚や鶏を食用の為に育ててから殺した肉を何の疑問も持たずに平気で食べている訳ですからね。

    • 3年間、毎日、スズメにくず米を庭に撒いてます。いつのころからか、何匹も電線に止まってこちらを見ていることがあります。お礼でしょうか?いまにつづらの大きいやつを置いていくよと楽しみにしています。可愛いものですが名前をつけようにも多すぎて見分けがつきません。ピーチク1号、2号くらいですか。ゾウの深い感情はなんとなくわかりますね。象牙の輸出先は中国や日本、欧州の骨董などアフリカ自身で使うのは稀で、象牙1本で部落が食べていける、豊かになってもそれ以外の生業がないと同じことを繰り返し、象牙海岸に手を汚さない商人が待って、銭を渡し、船に乗せて、どんどん差額が利益を生んでいくんでしょうね。窮地に立ったら助ける基本的なことが、現代の政治家にはそのカケラもありません。動物以下です。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。